雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

雪国ならでは南国ならではの住居の工夫
雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

雪国に旅行に行った時

★女性 44歳
雪国に旅行に行った時、玄関先の扉が二重になっているのに気付きました。
雪の中を帰ってきて、そのまま家の玄関を入ると玄関が雪まみれになるため、まずは玄関の前にある玄関に入ってそこで雪を落としてから、家の玄関に入るのだそうです。

実際に雪の中を歩いて知り合いの家に行った時、なるほどこれなら傘もおいておけるし、コートを脱いでいる間、玄関先を汚す心配がなくていいなと思いました。

南国・沖縄に行った時は、夏の暑さが容赦ないので、日陰の場所が必要になってきます。そのため、軒先が少し長めになっているように感じました。
数人で行ったのですが、全員が充分日陰に入ることができて、ホッとしたのを覚えています。
雪国で玄関先の軒が長めだと、その分雪かきしなくてはいけないでしょうから、できれば短いのがいいのかもしれません。南国はとにかく暑さ対策が一番ですから、それぞれに必要な違いだと改めて思いました。

おすすめ情報

Copyright (C)2017雪国ならでは南国ならではの住居の工夫.All rights reserved.