雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

雪国ならでは南国ならではの住居の工夫
雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

友人が住む北海道に初めて行った時に驚いたのは

★女性 28歳
友人が住む北海道に初めて行った時に驚いたのは、殆どの家の玄関の前にガラス張りの部屋があることでした。
それは玄関囲い(風除室)といい、雪国ならではの住宅の工夫だそうです。

雪国では吹雪など天候が荒れることも多く、この風除室を玄関の外側に取り付けることで、雨・風・雪を玄関に入らないようにしているそうです。
たしかにこれがあれば、外から雪だらけで帰ってきても、まずは風除室で落としてから玄関に入ることができるので、とても必要な設備だと思いました。
ほかにも防犯性を高めるのにも役立ちますし、濡れた衣類を干しておくこともできます。
また、大体屋根からは煙突がどのお宅も見えていて、室内は真冬でも半そでで過ごせるくらい、ぽかぽかと温かくなっています。天気が悪い時でも洗濯物もすぐに乾き、外に出られない分、長時間室内で過ごすことにもなりますが、その時間を快適に過ごすことができる雪国ならではの住居の工夫だと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017雪国ならでは南国ならではの住居の工夫.All rights reserved.