雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

雪国ならでは南国ならではの住居の工夫
雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

そろそろ本格的な冬を向かえ

★女性 41歳
そろそろ本格的な冬を向かえ、北海道という雪国に住んでいる私にとって、寒い季節がやってきました。
毎日の寒さをしのぐためには、ストーブが欠かせないのですが、最近は節電のため、少しでもストーブを消す時間を多くして、雪国ならではの住居に関するさまざまな工夫を行っています。
たとえば、我が家では、窓からの隙間風を完全にシャットアウトするために、プチプチの梱包資材を部屋中の窓に貼っています。これを行うことで、お部屋の温度が暖かくなるのはもちろん、この季節いつも悩んでいた結露もなくなって、お部屋の湿気も少なくなりました。

また、さらにより冷え込む夜は、その上にダンボールを覆うようにして取り付けます。これだけでもお部屋の温度が1〜2℃は違うので、暖かく感じることができます。窓をむき出しにしない状態にするだけで、お部屋の温度を暖かくできることを知り、それ以来、この季節の定番の工夫になっています。
節電をしながら暖かさを感じられる工夫を、これからもしていけたらと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017雪国ならでは南国ならではの住居の工夫.All rights reserved.