雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

雪国ならでは南国ならではの住居の工夫
雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

私は関東で生まれ育ちました

★女性 36歳
私は関東で生まれ育ちました。
一方、夫は冬になるとかなり雪が積もる豪雪地域の出身です。
さすがに雪の降る時期には里帰りはしませんが、年に数回家族で帰省します。地域が違うと街並みや雰囲気も違うものです。

というのも、お家のコンクリートの基礎部分がとても高くなっているのです。
夏に行った時に初めてみたので、驚きました。
そして周りを見渡すとほとんどのお家がそうでした。
理由は、冬に多くの雪が降るために、玄関が雪で埋まってしまうからです。

そして冬の間は外に洗濯や布団を干すことが難しいために、南側にサンルームがついているお家が多いです。
サンルームがなくても、積雪に耐えられるようなテラス屋根がついているお家がほとんどです。
長い冬の間、その場所はとても重宝するそうです。

そして夫の実家の家の外壁は、雪にも強いガルバニウムです。
外壁なども雪国仕様があるようで、ガルバニウムは雪にも強いので、好まれるそうです。
雪国では、冬の備えての工夫がいろいろとあるのだと思いました。

Copyright (C)2017雪国ならでは南国ならではの住居の工夫.All rights reserved.