雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

雪国ならでは南国ならではの住居の工夫
雪国ならでは南国ならではの住居の工夫

私は北海道に住んでおります

★女性 24歳
私は北海道に住んでおります。北海道の住居には雪国ならではの工夫がされております。
それは、「風除室(ふうじょしつ)」というものです。
これは大抵の建物や住居に見られる、雪国ならではのものです。
この風除室というものは第一玄関のようなものです。
雪の降らない地方の方は玄関ドアを開けると、すぐに玄関のタタキがあると思いますが、北海道はまずその風除室があり、その中に玄関ドアがあるのです。

これは体についた雪を落としたり、風が強い時などに一時的に非難したりするような場所となっております。北海道ではとてもポピュラーなものです。

ですが、最近の新築では風除室を作らずに、玄関を奥まったつくりにして、風除室の代わりにしているものも見受けられます。アパートやマンションなども、風除室とまではいきませんが、玄関を開けるとすぐにリビングではなく、一枚ドアがあるものが多いです。
これも、寒い時期の冷気をなるべく部屋に入れないようにする工夫なのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017雪国ならでは南国ならではの住居の工夫.All rights reserved.